FC2ブログ
08≪ 2018| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--) [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
歩きだしたら俯かないで前だけを見て。
こんばんは、お久しぶりです。
すっかり寒くなって朝布団から出るのが辛い時期になってきました(苦笑)インフルエンザには幸い今のところかからず、
体調崩さないように気をつけている今日この頃です。
最近潔癖症なんじゃ!?というくらい頻繁に手洗い、手洗い、
気づけば手洗いしてる自分。(…)あとうがいもね。
手洗いが一番の予防らしいので今後も気を張っていたいと思いますっ。






日曜日に彼の噂を知ってからずっとそのことが頭から離れなくて、
やはり本当であったと知ってから少し経って
大分自分の中で気持ちが整理できたのか
落ち着いてきたように思います。
時間が少し経ってしまいましたが
少しだけでも書かせてください。




私がコメットさんのことを初めて知ったのは
15周年ver.の「ark」「ray」のDVDを観たときでした。

金髪の坊主頭に耳に付いたピアス、
一見近寄り難そうだけれど
とても素晴らしくて素敵なスタッフさん。



私が最後にお見かけしたのは5月ラルクMUSEUMのとき、
けれど一番印象に残っているのは
やっぱりKenちゃんの握手会のとき。

バルコニーで上から握手会の様子を見ていたとき
近くを通り過ぎたコメットさん。
思わずお声をかけてしまって、握手を求めてしまったのですが

「今日はKenちゃんが主役だから」と

やんわりお断りされ
その場を去って行ってしまわれました。
お仕事中だったからやっぱり申し訳なかったかな…、と思いましたが

心の中で、

お疲れさまです…!

と彼の後ろ姿に向かって叫びました。直接は言えなかったけれど。
今思うとそれがコメットさんと接触した最初で最後の機会だったんだなぁ。

彼が支えてきたからこそ、成り立って成功したライヴだし
私たちがあんなにライヴを楽しめたのも
彼が居たからこそだと思うので
彼がいなくなってしまった今
ただただ、残念な気持ちでいっぱいです。
何より2011年のラルクのライヴも勿論
彼と一緒だと思っていたから
それが当たり前、当然だと思っていたから。

彼が逝ってしまってから
どれだけ私たちファンにとっても大きな存在だったかを知りました。

今までライヴのとき見かけていた彼を
もうライヴで見かけられないなんて
未だに信じられないのが本音です。
ライヴでお姿を探してしまいそう……


20周年のライヴは
彼もどこかで見て一緒にお祝いしていることと思います。
いつものステージの袖から、
いつもは観れない客席から。
他のライヴでもきっと今までと同じように見守っていてくださると思います。

今まで私たちに沢山の素敵なステージ・感動を届けてくださって
本当に、ありがとうございました。
コメットさんが居なければ、こんなに楽しい気持ちを味わうことはできなかったかもしれないです。
コメットさんに心から感謝の気持ちを。

そしてこれからも
アーティストさん、スタッフさんをどうか
見守っていてくださることをお祈りいたします。
ご冥福をお祈りいたします。




今日のシド出演Mステ見ました!!
マオにゃん少し緊張してるみたいだったけど
前回よりは肩の力が抜けてたのかな…?
今日はなんとお母様のお誕生日だったようで!なんとミラクルな☆

「one way」の歌詞の

『目の前の闇は 糧と言い聞かせ 笑え』

という部分。
壁にぶつかったり悲しいことがあって目の前が真っ暗になったとき、
辛い気持ちになったり
途中で投げ出して諦めたくなる自分の弱い部分が出てしまったりするけれど
その目の前の闇が自分の糧になると信じることで
頑張れる、前に進める気がする。
闇があるから光がある。
私も今、下なんか向いてないで
前を、上を向いて
毎日を大切に生きて前進したいと思います。

2009'11'14(Sat) [ ラルク ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://dolly6ri.blog110.fc2.com/tb.php/404-b775beb3
trackback



     



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。